ブログ-スタッフの一言

ヤドカリ学級 磯でカニをみつけよう! 実施報告

実施日時:

平成29年6月17日(土)13時30分~15時30分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室 磯の観察路

参加者:

大人13名 小人11名 スタッフ4名

南よりの風が少し強く吹いていたため、比較的波の影響が少ない場所で観察と採集を行いました。

 はじめに参加者に対して、カニは岩の隙間や石の下に隠れていることが多いことをお話しして、1時間ほど採集を行いました。参加者の中には、これまで何度か参加された方もいて、手慣れた手つきで採集する方もいらっしゃいました。

 その後、自然体験室に移動して採集したカニをバットに移し、九十九湾で観察される主要なカニ類を検索表にしたシートを使ってカニの種類調べを行いました。

 最も多く採集された、イソガニのほか、ヒライソガニやケフサイソガニ、そしてオウギガニやモクズガニなど、合計7種、それぞれの種の特徴について解説しました。

 参加者からは、9匹も捕まえたよ!とか、のと海洋ふれあいセンターまで時間をかけてやってきたかいがありました、などの意見も頂き、とても好評のようでした。

blog00026_1.jpg

箱メガネで観察、採集する。

blog00026_2.jpg

採集されたカニの種類を調べる。

2017年06月21日(水)

ヤドカリ学級 エビをみつけよう! 実施報告

実施日時:

平成29年5月20日(土)13時30分~15時30分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室 磯の観察路

参加者:

大人9名 小人 7名 スタッフ5名

■概要

南寄りの風が強く吹いたため、気温が上昇し、浅い場所の海水温は30℃近くにまで上昇していました。この風のせいで磯の観察路には大量の海藻などが吹き寄せられていました。下見の際にアカクラゲやオワンクラゲなどのふれると危険な生きものもみられたので、参加者に対しクラゲなどにはふれないように、注意をよびかけたあと、観察路でじっくりと今回のテーマである「エビの仲間」を探しました。

 

観察しはじめた当初、磯のあちらこちらでみつかるイソスジエビにも、「どこにいるの?」という声をあげていた参加者も、慣れてくると「ここにも、そこにも、たくさんいるのですね!」と話しながら、採集に夢中になっていました。

 

1時間ほど採集を行った後、自然体験室に移動して採集物をバットに移し、図鑑などで名前を調べたり、体の特徴を観察したりしました。もっともたくさん採集されたイソスジエビをはじめ、モエビの仲間や、エビのように見えるものの実はエビではないワレカラの仲間やヨコエビの仲間なども採集されましたので、それぞれの特徴についても解説しました。

 

たとえば、イソスジエビは卵から幼生を海水中に放ちますが、ワレカラの仲間はおなかに育児嚢(のう)という袋を持っていて、そこで卵を孵化させ、親と同じ形になるまで育てます。また、ほんの5㎜前後で成体になって繁殖するものから、その10倍以上の大きさにならないと繁殖しないものなど、種によってさまざまな生態があることについて知っていただきました。参加者から「こんなにたくさんの生きものがいるってことは、ここの磯は豊かなのですね」という意見も頂きました。短い時間でしたが、今回のテーマである「エビの仲間」とふれあうことで、能登の磯の豊かな生物多様性について、気づいていただけたようでした。

blog0025_1.jpg

手ダモで採集する

blog0025_2.jpg

磯観察の様子

2017年05月24日(水)

ヤドカリ学級 磯の「かくれ名人」をみつけよう!  実施報告

実施日時:

平成29年4月22日(土)13時30分~15時30分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室 磯の観察路

参加者:

大人5名 小人 4名 スタッフ4名

■概要

 風が少し冷たかったものの、良く晴れて波も穏やかでじっくり磯観察を行うことができました。最初は「何もみつからない」と話されていた参加者も、職員の案内もあってか、徐々に磯の生きものたちが隠れている場所に気づき、自分たちでもみつけられるようになっていきました。アメフラシやアマクサアメフラシといった、春によくみられるアメフラシの仲間やイソガニやヒライソガニなどのカニの仲間、転石の裏にはバフンウニやニホンクモヒトデなどが観察されました。

 

 参加者の中には、特に石の隙間などに隠れているカニの仲間が気にいり、何匹も捕まえている方もいらっしゃいました。1時間ほど観察と採集を行った後、自然体験室に持ち帰り容器に移し、図鑑で名前を調べたり、体の特徴を観察したりしました。

blog0024_1.jpg

磯での観察・採集風景

blog0024_2.jpg

石を裏返し、そこに生息する生きものを観察する

blog0024_3.jpg

体の特徴を観察し、名前を調べる

2017年04月26日(水)

ヤドカリ学級 磯で学ぶ春の海藻  実施報告

 

実施日時:

平成29年3月12日(日)10時00分~12時00分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室 磯の観察路

参加者:

大人10名 小人 9名 スタッフ5名

■概要

 天候に恵まれた中、よく潮の引いた磯で海藻を観察することができました。

「いわのり」と呼ばれている、アマノリの仲間はすでに白っぽくなっていましたが、「あおさ」のウスバアオノリや、「かすかも」や「こな」のカヤモノリ、「はば」と呼ばれるハバノリなどは、ちょうど生育の最盛期のようでした。

 

参加者の皆さんとともに磯で海藻を観察し、漂着していたワカメやアカモクなども含め、各自のバケツに少しずつ採集しました。一生懸命に採集するあまり、長靴やズボンを濡らしてしまう参加者もいらっしゃいました。

 

のと海洋ふれあいセンターの自然体験館に戻り、各グループごとに土鍋でお湯を沸かしてもらいました。採集した海藻を一口大にしてお湯にさっとくぐらせて味見をしてもらいましたが、「色が変わった!」とか、「この海藻、とけちゃった!」などという声が聞こえてきました。あまり食用に利用されていない海藻を試食してもらうと、これまでは「たべなれたワカメなどの海藻がおいしいね」ということが多かったのですが、今回は紅藻のベニスナゴにかなり高い評価が集まりました。

blog0023_1.jpg

blog0023_2.jpg

2017年03月15日(水)

ヤドカリ学級 海藻で染めてみよう! 実施報告

実施日時:

平成29年2月19日(日)10時00分~12時00分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室および磯の観察路

参加者:

大人16名 小人 9名 スタッフ5名(外部講師1名)

■概要

『手染めや 椿姫』の落合紅さんを講師としてお招きし、漂着したホンダワラ類(ノコギリモク)を使って木綿製のトートバッグの絞り染めをおこないました。晴天に恵まれたので、海藻が生育している様子を磯の観察路でみることができ、デッキスペースであらかじめ用意しておいた漂着海藻の解説をすることができました。

参加者からは、海藻についてもっと知りたくなった。とか、色が染まる仕組みが興味深かった。とか、自分でもやってみたい。などの意見を頂きました。

 

■写真

blog0022_1.jpg

海藻染めの解説(講師:落合紅さん)

blog0022_2.jpg

バッグに「しぼり」を入れる。

blog0022_7.jpg

海藻でとった染料で煮る

blog0022_5.jpg

海藻の生育する様子を観察

blog0022_6.jpg

海藻を解説

blog0022_9.jpg

完成したトートバッグ

2017年02月22日(水)

ヤドカリ学級 海藻・もち体験 実施報告

実施日時:

平成28年12月10~11日(土~日)13時30分~13時30分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター集合、海の自然体験室および磯の観察路、能登少年自然の家にて実施、解散

参加者:

大人15名 小人 28名 スタッフ3名

■概要

能登少年自然の家との共催事業として、今回のヤドカリ学級は「海藻」をテーマに実施いたしました。

 まずのと海洋ふれあいセンターで、岩のりやホンダワラ類など、冬に生育する海藻を磯で観察しました。磯ではセイヨウハバノリや岩のりと呼ばれるアマノリ類の一種が生育をはじめたところで、アオノリ類は2,3cmほどになっていました。

 雪がちらつき、波も高かったのでアオノリ類やホンダワラ類などの数種を味見する程度にとどめましたが、参加者からは「しょっぱいけど、本当にあおのりの味がする!」などととても好評でした。その後、のと海洋ふれあいセンターに戻り乾燥させた海藻小片をつかってクリスマスカードをつくりました。

 自然の家へ移動して入所式の後、夕食には海藻入りのサラダが準備されていました。「サラダの中に何種類海藻が入っているかな?」という、自然の家のスタッフの質問に参加者の一人は「3種類!」と元気に答えていました。海藻サラダにはワカメ、トサカノリ、糸寒天が使用されていました。

 次の日、朝食にはヒジキ入りの酢の物が用意されていましたので、石川県の海は干満差が小さくヒジキの生育に適さないことを解説しました。ヒジキは小中学校の給食にもよく出される身近な海藻です。参加者は、石川県ではヒジキは希少種とされていることを知って驚いた様子でした。

 その後、自然の家やのと海洋ふれあいセンター近くの遺跡から製塩土器がみつかったことを説明し、土器を使って昔はどのように塩をつくっていたのか?という解説を行い、今回は簡易的に土鍋とカセットコンロで塩作りを行いました。小学校低学年生以下の参加者は、なぜ鍋の中に塩ができてくるのか、とても興味深そうにしていました。

 塩作りの後は餅つきです。海藻の乾燥粉末(アナアオサ)を混ぜたもちときなこのもちを作り、お昼にいただきました。

今回海藻をテーマに宿泊を伴う初めての試みでしたが、参加者からはまた来年も実施してほしいとの意見を頂きました。

 

来年度も能登少年自然の家と協力して、このような事業を実施できるよう計画したいと考えています。

blog0021_1.jpg

クリスマスカードづくりの様子

blog0021_2.jpg 

完成したクリスマスカードをラミネート

blog0021_3.jpg

藻塩づくり

blog0021_4.jpg

もちつき体験の様子

blog0021_5.jpg

完成した餅(手前が海藻入り)

2016年12月14日(水)

ヤドカリ学級 クリスマスリースをつくろう! 実施報告

実施日時:

平成28年12月4日(日)10時00分~12時00分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室および磯の観察路

参加者:

大人6名 小人 11名 スタッフ3名

■概要

磯の観察路や九十九湾園地で見つけた材料を使って、クリスマスリースをつくりました。

 

天候がよかったので九十九湾園地を散策した後、磯の観察路へ移動しました。

潮位が低く波も穏やかでしたので、観察路の波打ち際でもゆっくり材料を拾い集めることができました。

 

落ち葉やどんぐり、オオヘビガイやバフンウニの殻などを材料に、リースに飾りつけを行いました。思い思いに飾り付けられたリースは、どれもとても素敵に仕上がりました。

 

参加者からは、「材料集めがとても楽しかった」、「磯の材料などをリースに取り付けるときにいろいろと工夫することができてよい経験になりました。」などの感想をいただきました。

blog0020_1.jpg

リース製作の様子

blog0020_2.jpg

リース製作の様子

blog0020_3.jpg

集めた材料の一部

blog0020_4.jpg

完成したリース

2016年12月07日(水)

ヤドカリ学級 ふぐちょうちんをつくろう!実施報告

実施日時:

平成28年11月13日(日)10時00分~12時00分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室および磯の観察路

参加者:

大人5名 小人 5名 スタッフ5名

■概要
石川県の磯で観察されるフグの仲間について解説を行った後、あらかじめのと海洋ふれあいセンターで集め、準備していたシロサバフグ、マフグ、ショウサイフグ、クサフグなどを使ってふぐちょうちんを作りました。

参加者から「こんなにフグの皮が丈夫だとは思いませんでした。」とか、「また(別の種類で)作りたいので企画してください」などの感想や意見をいただきました。

blog0019_1.jpg

ふぐちょうちん作りの様子

blog0019_2.jpg

できあがり(クサフグ)

2016年11月16日(水)

ヤドカリ学級 ハロウィンのランタンをつくろう!実施報告

実施日時:

平成28年10月16日(日)10時00分~12時00分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験室および磯の観察路

参加者:

大人6名 小人 7名 スタッフ3名

■概要
快晴でかつ波穏やかでした。参加者に未就学児童が多く、磯での材料集めに時間がかかりすぎることが予想されましたので、あらかじめのと海洋ふれあいセンターで準備した材料でランタンを作り、その後希望者で磯の観察路で材料を探しました。

参加者のアンケートから「子供たちの発想はすごい」とか「かわいらしい作品ができました」、などの感想をいただきました。

blog0018_1.jpg

ランタン作成の様子

blog0018_2ss.jpg

完成した作品

2016年10月19日(水)

ヤドカリ学級 磯観察 アメフラシを観察しよう!実施報告

実施日時:

平成28年6月18日(土)13時30分~15時30分

実施場所:

能登町越坂 のと海洋ふれあいセンター海の自然体験館自然体験室および磯の観察路

参加者:

大人11名 小人 12名 スタッフ5名

■概要

アメフラシがテーマでしたが、アメフラシを観察するには少し時期が遅かったようです。元気なものが見つからず、捕まえて観察している時に紫汁を出したものはアメフラシ5個体のうち、1個体だけでした。

 

潮位が高く、風も吹いていたので磯観察を行う天候としてはよくありませんでしたが、浅い場所でヤドカリ類やイソギンチャク類を見つけて観察したり、捕まえたりすることができました。

 

今回のテーマであるアメフラシやウミウシも数種類見つけることができ、クロシタナシウミウシは7個体採集され、アメフラシと体の違いを比較しながら解説を行うことができました。参加者は、アメフラシの体の中には退化して薄くなった貝殻があることなど、実際にふれてみることで実感していただけたようです。また、岸近くにイワシの群れが押し寄せていて、流れ藻にひっかかったものや、打ちあがったものもいて簡単に採集、観察することができたことも、とても印象深かったようです。

 

参加者のアンケートからは「(磯の生き物に)実際の海で生きている状態でふれることができてよかった」とか「アメフラシが紫汁を出すのをはじめて知り、びっくりしました」、などの感想をいただきました。

blog0017_1.jpg

屋外タッチフィールドで器材の使い方の解説と生き物の観察を行った

blog0017_3.jpg

磯でアメフラシやウミウシを探す

blog0017_4.jpg

アメフラシの卵塊や紫汁を観察する

2016年06月22日(水)

1  2  3