センターの概要

 平成6年4月、海(浅海、潮間帯、海岸)の自然に関する調査研究と普及啓発を行う「海の自然保護センター」として開館しました。
 平成16年7月には、スノーケリングをはじめとした様々な海の体験プログラムを提供する「海の自然体験館」を開館しました。
 能登半島国定公園を代表する景勝地「九十九湾」に隣接し、その豊かな自然を活かした磯の観察路では、多彩な生きものとふれあい、観察することができます。石川県、そして能登半島を代表する「海に親しみ、海を知る」ことができる施設です。

センター外観

磯の観察路で見つけたアメフラシ

磯の海中は神秘の世界

自分の周りを沢山の魚が群れ泳ぐ

手作り教室で楽しめる作品例

土器を使った塩づくり

九十九湾の森はアカテガニの住処

ムツサンゴ

シロウミウシ

ボラ